魅力のあるスマホゲーム

行動範囲の広がり

スマホゲームを楽しんでいる人の中には、ゲームだけでなくイベントやコラボレーションなど、そこから派生したさまざまなものを楽しんでいるという人もいるのではないでしょうか。
ゲームを基にしたアニメーション化やノベライズ化、ゲームの世界感を体験することができるコラボレーションカフェなど、ゲームの人気が高まってくると、メディアミックスも盛んに行われるようになってきて、ユーザーの行動範囲はどんどん広がっていきます。
そうしたイベントでのみ配布されるアイテムやキャラクターも多く、いかにして時間を作り出してイベントへと参加するか、どうすればそのための時間を作り出すことができるかといった悩みを抱えている人も少なくないようです。

また、イベントなどではなく、ゲームをするために行動範囲が広がったという人もいるのではないでしょうか。
米Google社が提供している「Ingress」という陣取りゲームは現実の地形を利用して行われるため、ゲームの参加者は自分の足で歩きまわり、味方と共同で陣地を形成する必要があるのです。
こうした実際に足を運ぶことで成立するゲームはほかにもあり、今後も増えてゆくことでしょう。
そうしたゲームは、健康促進にひと役買ってくれるのではないかといった意見や町おこしの材料となるのではないかといった意見も多く、ユーザーたちの間だけでなくさまざまな方面から関心を持たれているようです。

ですから、これからスマホゲームの配信をしようと考えている企業は、スマートフォンやタブレットにダウンロードして楽しむだけでなく、さまざまな形で楽しむことができるゲームの開発を依頼することが大切ですし、そのためには「エーステクノロジー」のような、経験が豊富な企業をパートナーとして選ぶことをお勧めします。
スマートフォンやタブレットの普及によって、ゲームはどこででも手軽に楽しめるものになってきましたが、その一歩先の楽しみに視点を置いた開発をすることが大切であり、そうした楽しみを提供できるゲームのみが生き残ってゆくのです。

↑page top